更年期について

個人の差はありますが、平均で45歳から60歳くらいまでが、

女性にとっての更年期にあたります。

 

そこが、ホルモンの変わり目、

体の変わり目です。

 

女性にとって、誰でも通る道なのに、

正しい知識を持っていないことで、口に出すのも憚り、

女性同士でそのことを語り合うことなどあまりなく、

怯えて過ごしている女性は少なくありません。

貴女は

「それって更年期じゃない?」

「更年期だから体調が悪いの」

「私、更年期無かったわ~」

などという言葉を耳にしたり、発していませんか?

 

更年期とは期間のこと

更年期障害とは、ホルモンバランスが急激に崩れることが原因で出てくる様々な不調のこと

更年期 = 更年期障害

ではないのです。

 

そして、

不調を感じたら、まずは病院に行ってください。

年齢も年齢だし、更年期障害と思っていたけど、実は病気が隠れていた。

という事例も多いのです。

 

病気じゃなかったとしても、全てが更年期障害のせい?

 

いえいえ、そうでもないのです。

女性の45歳から60歳と言ったら、

・職場の仕事の責任が重くなりストレス過多になっている

・お子さんの将来の心配をしている

・親の介護が始まった。

・パートナーの体調不良

などなど、

この年齢層の女性は、多方面で活躍を強いられることで、時間に追われてストレスのはけ口が無い。

そういった環境に置かれている方が多いのではないでしょうか?

自然な流れでホルモンバランスが崩れたのではなくて、あまりにも忙しすぎて、体調を崩した。

そういうことも考えられるのではないでしょうか?

雑誌やマスコミの情報に踊らされて怯えている女性を多く見かけます。

「知らない」事が不安になります。

間違った認識ではなく、正しい知識を持って、

ゆったりとした気持ちで更年期を過ごしてくださいね。

 

<更年期障害の原因と過ごし方>

 

異常に汗が出る(ホットフラッシュ)

良く眠れなくなった

めまいや耳鳴りがするようになった。

気分がすぐ入れない日が多く、心が落ち着かない

 

など、

いわゆる「更年期障害」という症状が出てきたらどうしたら良いでしょうか?

更年期障害の原因は、皆さんご存知の、

エストロゲン(卵胞ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)

この、ふたつの重要なホルモンが急激に減少し

ホルモンバランスを保てなくなることで脳が混乱。自律神経も乱れます。

そして、エストロゲンの働きと役割である

〇骨を守り、カルシウムの吸収を助ける。

〇血管の運動や神経にも関わり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールと中性脂肪を減らして動脈硬化を減らす作用

 

この機能が低下することで、

骨粗鬆症

ホットフラッシュ

のぼせ・発汗・肥満・不安感・イライラ・気力低下

 

などの症状が現れます。

 

精神的な面や症状が混合して出てくるので、皆同じ症状ということはありません。

女性の数だけ症状はまちまちです。

 

でも、忘れてはいけないこと。

更年期障害は、必ず終わります。

 

だから、その辛さが通り過ぎるまで、

更年期障害と上手に付き合ってみましょう上差し

 

更年期障害とリラクゼーションサロンの役割。

 

更年期の不調を緩和することが出来るのでしょうか?

これまでご説明した通り、エストロゲンの減少は、血行不良や自律神経の乱れを生じます。

この点を踏まえて、

 

体の緊張を取る。

体の歪みを取る。

体のリズムを整える

副交感神経を優位にする。

これを定期的に行うことで、更年期障害の不調を緩和することが可能です。

《お客様の声》更年期障害かな。。と思ったけど
言葉で表現するのが難しいですが、リンパドレナージュは流れていなかった体が流れる感じがあります。施術中に感じるのでわかりやすいです。体が重いのでお世話になっているのですが、施術を受けた後はスッキリします。
I様 40代女性

 

ご予約・問い合わせ

●住所
〒327-0843栃木県佐野市
堀米町1682-6
●TEL
0120-05-8539
(ご予約お問合わせ専用)
※お電話について
施術中電話に出られないことがあります。恐れ入りますが、留守番電話にお名前とお電話番号を入れてください。折り返しご連絡させていただきます。
●e-mail
lino@salon-lino.info
●LINE

●営業時間
9:30~21:00
(最終受付:19:00)
●定休日
月曜日・年末年始